土嚢袋の導入事例と種類|養生シートや飛散フィルムについて

メンズ

養生シートの設置目的

シート

日本国内の建設工事現場というのは、基本的に近隣の建造物とかなり近い距離で行われます。日本の国土というのは他国と比べて狭いため、建造物同士の距離が近くなってしまうのです。しかし、建造物同士の距離が近いといった状態で新しい建造物の建設工事が始まった際には、密接する建造物に対して様々な被害を発生させてしまうことが容易に想像できるでしょう。例えば、工事作業音による騒音被害であったり作業員のミスによる工具や資材の落下による被害であったり、工事作業で発生する様々な粉塵の飛散被害等です。しかし、日本国内に数多く存在する建設現場において、密接する建造物の管理者からそういったクレームが入ることは非常に少ないのです。その理由として挙げられるのが、養生シートの設置です。
養生シートというのは、建設工事現場の仮設構造物の外側構面全体を覆うように設置された無地のシートで、日本国内の建設現場であれば必ず見ることのできるものとなっています。また、養生シートはイメージシートや足場シート等、様々な名称で呼ばれています。養生シートには防音効果や粉塵等の飛散物防止効果、落下物防止効果等、密接する建造物や通行人対して発生する被害を防止する様々な効果を兼ね備えています。また、全面が無地のため、多くの工事事業者は自社広告を大きくプリントし、広告戦略としても利用しています。実際、養生シートによる広告というのは、長い工期の間常に効果を発揮しているので、高い広告効果があるといえるのです。