土嚢袋の導入事例と種類|養生シートや飛散フィルムについて

作業員

幅広い場面での活用

土嚢袋

オフィス・イー

有害な紫外線を入ってこさせないために飛散防止フィルムを窓に貼り付けておきましょう。紫外線を99%以上はカットしてくれる優れものです。

土嚢袋というのは、熱や紫外線に強いPEやポリエチレンといった材質の袋に土砂を詰めて縛り、それを複数積み上げることで使用される土木資材です。土嚢袋は土木工事全般や土砂災害、水害、軍事目的、側溝泥上げ時等様々な場面で使用されますが、その中でも水害等の水に関係する現場で活用されることが多いものとなっています。ここでは、土嚢袋の導入及び用途例について知っていきましょう。
水害や水に関わる現場での土嚢袋の活用というのは、主に水を妨げるために利用されます。導入例を挙げるならば、豪雨発生時の地下道や地下駐車場、地下街等への流入防止として積み上げられたり、家屋や店舗、車庫等への浸水防止のために積み上げられたりもします。その他にも、鉄道道路や道路の溢れ水、崖崩れ防止、運動場流入における回し水を行うために活用されることもあります。水道工事やガス工事、土木工事、消化現場の川水確保といった場面においても、土嚢袋を用いて水の流れを塞き止める等の活用で役立てられています。また、土嚢袋は水路誘導や除水、水害対策の初期応急策等、様々な場面に導入されているのです。幅広い場面で活用される土嚢袋ですが、作り方や材質によってグレードが存在します。グレードが高いものほど耐久性が高く、それに伴って価格も高くなります。土嚢袋の中でも最も耐久性が高いものというのは、UV土嚢袋と呼ばれるものとなります。紫外線による劣化に非常に強く、3年程使用できるといった耐久性を誇っているのです。

利便性の高い吸水性土嚢袋

土のう

吸水性土嚢袋というのは、従来の土嚢袋とは異なり土砂を必要としています。吸水性土嚢袋は水に3分から5分浸けることで約20kgまで膨張し、使用することができるようになる画期的な土嚢袋です。

詳細を読む

養生シートの設置目的

シート

養生シートの設置というのは、国土が狭く建物が密接して建造される日本において必要なものとなっているのです。養生シートを設置することで、防音効果や飛散物防止効果、落下物防止効果等の近隣建造物への被害防止を行うことができるでしょう。

詳細を読む

ガラス破片被害を防止

ガラス

ガラスというのは耐食性が高く、汚れ等も落としやすいため窓等の素材として非常に最適です。しかし、割れてしまった際には鋭利な破片が飛び散ってしまいます。飛散防止フィルムを施工することによって、ガラス片の飛散を防止することができるでしょう。

詳細を読む